会員の皆様へ
入会希望の方へ
リンク
ENGLISH
文字サイズ
 ホーム »  『保育学研究』とは
ニュース一覧
日本保育学会
について
大会案内
アーカイブ
サイトマップ
リンク
お問い合わせ
『保育学研究』とは

『保育学研究』は、一般社団法人日本保育学会の学会誌として1963年3月より刊行し、『保育学年報』の時代を経て、1991年『保育学研究』と改称し、2014年で第52巻目の刊行となる。本学会は「保育の研究を通して会員相互の交流と連携を図り、子どもたちの健やかな発達と幸福をめざし、保育界の進歩及び会員に共通する利益の向上に貢献すること」を目的に、創立以来65年に渡り、研究者と保育実践者の連携の下に、今日まで歩みを続け、わが国の乳幼児保育・教育のために貢献してきた。

『保育学研究』の研究内容は、乳幼児の保育を展開していく上で、基礎的知見として重要となる発育や遊びに関する研究、保育実践を展開していく上で重要な保育内容や保育方法に関する研究、保育実践のコンテキストとなる保育の歴史や制度の研究、家庭教育や保育者養成に関する研究、今日的な緊急課題となる幼保一元化、子育て支援、多文化保育さらには、発達障碍児支援、保育カウンセリングや生活習慣の見直し、食育等に関する研究に及んでいる。こうした保育実践の場と共有した研究論文を掲載することにより、保育の質を高め、家庭や教育、療育実践の場との連携の下に、乳幼児の生活と育ちを支える保育・教育実践の向上を図ることが刊行の主たる目的であり、また、学術的意義でもある。

前のページへ戻る
一般社団法人 日本保育学会
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-2 B,Rロジェ T-1
TEL. 03-3234-1410 email:hoiku@fj8.so-net.ne.jp 受付時間:平日10:00~17:00
事務局はテレワークを実施しておりますので、お電話は委託業者に繋がります。
お問い合わせは、原則お問い合わせフォームよりお願いいたします
Copyright (c) JAPAN SOCIETY of RESEARCH on EARLY CHILDHOOD CARE and EDUCATION. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
このページに掲載の記事・写真などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権は一般社団法人 日本保育学会に帰属します。
MAP >